• 第1回定期演奏会

    指揮者・ソリスト紹介

  • 指揮者

    奥村 伸樹

    Nobuki Okumura

    指揮者、オーケストラプロデューサー。

    宮城県仙台市出身。宮城県仙台第一高等学校を経て国立音楽大学卒業。96年、ヤングプラハ国際音楽祭(チェコ)、

    クラクフ国際音楽祭(ポーランド)にて指揮アシスタントを務めたのをきっかけに、これまで、オーストリア、イタリア、ハンガリー、フィンランド、エストニア、ルーマニアの各地で様々なオーケストラや合唱団と共演する。

    また、コシノジュンコ・ファッションショー、羽田空港第2ターミナルビルオープニングイベント、90本のトランペットとオーケストラによる六本木ヒルズクリスマスイルミネーション点灯式等のイベント、NHK 紅白歌合戦をはじめ、様々な音楽番組やテレビ番組企画のオーケストラ、CM、映画のプロモーションイベント、ホテルでの舞踏会等、数々のオーケストライベ ントを指揮、プロデュースする。

     

    各界の著名人から構成される「神楽坂女声合唱団」指揮者(1999-2003)、山田邦子団長率いるがん撲滅のチャリティ

    合唱団「スター混声合唱団」指揮者 (2008-2012)。また、林隆三、B’z、DEEN、ソプラニスタ岡本知高、ESCOLTA、ジョン・健・ヌッツォ、Le Velvets、オペラユニット LEGENDの各氏、各アーティストはじめ、クラシックからポップスまで数々の各界の著名アーティストやグループと共演。

    2011年「ロンドンハーツ3時間スペシャル」50TAライブにオーケストラで参加。

    最近では、2014年11月、Ryuichi Kawamura presents No Mic,No Speakers Concert #007、2015年1月MayJ.Budokan Live 2015 Live to the Future に出演。

     

    クラシックの枠にとどまらず、独自のスタイルで演奏活動を展開している。

  • ソリスト

    高木 早紀

    Saki Takagi

    福島県福島市出身。

    2歳より母からピアノの手ほどきを受け、4歳よりヴァイオリンを始める。

    国立音楽大学附属高等学校、東京音楽大学を経て、東京音楽大学大学院修士課程修了。

    ヴァイオリンを保井頌子、大谷康子、海野義雄の各氏に師事。室内楽を横山俊朗、浦川宜也の各氏に師事。

    大学在学中、オーディション合格者による演奏会に出演。また、同大学短期留学奨学生として英国王立音楽院で学び、Richard Deakin氏に師事。

    モーツァルテウム国際音楽アカデミー、ウィーン国立音楽大学アカデミー、京都フランス音楽アカデミー修了。

    また、文化日独コミュニティ(JGCC)の助成を受け、ハンブルク国際音楽祭に参加、優秀者選抜コンサートに出演。

    第6回横浜国際音楽コンクール最高位。

    第22回日本クラシック音楽コンクール第5位(第1位〜第3位なし)

    2013年、西脇秀治氏指揮、獨協大学管弦楽団とツィゴイネルワイゼンで共演。

    2011年、2013年、地元福島市に於いてソロリサイタルを行う。

    現在、ソロや室内楽、オーケストラなど幅広く演奏活動を行っている。

    日本演奏連盟会員。